スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院day。

今日はフィラリアと心臓のお薬とお手入れで病院に来てます。
めちゃ混みで外のベンチで待ってます。
病院好きな凛は終始笑顔で尻尾フリフリでお出迎え&お見送り。
一方、病院嫌いなのんちゃんはテンション低いなぁ。

病院。

フィラリアと心臓のお薬とお手入れしてもらいに病院へ。
それと、先月のんが聴診で若干の逆流あるかなって言われたので再検査。
結果はレベルで言うと6分の1に満たない程度だそうで、まだ投薬の必要はないようです。
先生は、キャバリアちゃんはいずれは覚悟しといてもらわないといけないけど、今の段階ではお薬は必要ないです。出してと言われれば出しますが、飼い主さんの精神的な不安材料が増えるだけなんで…と。
確かにそうかもね。
発症してない時からお薬飲んでも予防できないらしいし、お薬飲ませてるだけでちょっと落ち込んじゃったりしちゃうもん。
もちろん、毎日の健康チェックと月一の診察はキッチリしないとね。

今日の体重
りん…7.2kg
のん…6kg







工場で爆睡。
お疲れさま(^^*)

病院。

今日はフィラリアと心臓のお薬とお手入れで病院へ。
のんちゃんはこの間調子が悪いときに色々検査してもらったから、今回はお手入れのみです。
が…
凛の検査と一緒にのんも心臓の聴診と触診をしていただきました。
そしたら、のんも軽く雑音が…と。
えっ‥マジ!?
来月フィラリアのお薬取りに行くときにまた心臓チェックです。
何でもなければいいけど。


のん待ち。
出入口が気になるようですね。



凛の血液検査の結果。
特に異常なし。



今日の体重
凛…7.2kg
のん…6.2kg

散々な1日の始まり。

最近、のんが朝ごはんをガツガツ食べない日が3日に1回ぐらいあったので、
今朝は朝ごはんの前に納豆をあげてみた。
ちょっとのつもりが、あまりにも美味しそうにガッついて食べるので、
ついつい調子に乗ってスプーン3杯ぐらいあげてしまっていた。
その後フードもガツガツ食べたし、ホッとしていたら・・・
ゲボッと食べたものを吐いてしまった。
いつもなら、吐いたらすぐに自分で処理するのに今朝はしない。
私が処理をしてる間もなんだかグッタリ。
様子を見て明日あたり病院に行こうかと思ってた矢先のこと。
突然口元をありったけの力で掻き出した。
いつもなら1~2回掻いたら治まるのに、今日は様子が違う。
休みなしに口元を掻き、そうかと思えばクッションやラグに口を押し当てて走り回る有様。
全く静止することなく、気が狂ったかのように家の1階を頭を振って永遠走っている。
私も半分パニックになりながら身支度をして病院へ。
凛も一緒の方がいいかと思って付き添いとして同乗させた。
車を走らせること30分。
病院に着くと、さっきまでの狂乱ぶりが嘘のように凛に寄りかかって眠るのん。
とりあえず車からおろして受付をして診察をしてもらわないと。
幸い今日は空いていたので、あまり待つことなく診てもらえました。
やはり、納豆によるアレルギー反応だったようで、ステロイドの注射と
抗アレルギー剤のお薬を処方していただきました。
まさか、のんが大豆アレルギーだったとは...
これは私の責任です。
本当にかわいそうなことをしてしまいました。
以後、大豆製品には気をつけないと。。。
ごめんね、のんちゃん。


080823_104116 1
今にも泣き出しそう。
のんの今日の体重・・・5.4Kg


080823_105531 1
お手入れも済んで凛はスッキリ顔です。
凛の今日の体重・・・7.1Kg







やっとこさ・・・

フィラリアの検査に行ってきました病院
混んでたり都合が悪かったりと、なかなか機会がなくて・・・
今回はフィラリアの検査のみです注射2-2
来年は詳しく血液検査してもらうつもりです。

まずは凛。
080502_195034.jpg



のん。
080502_195107.jpg

凛のん共に、フィラリア・栄養状態・脱水・検便など異常ナシ!
さらに聴診器・触診・歯・目・耳も一通り診ていただき、肛門腺・耳掃除・爪きりもしていただいて
お一人様2000円なり~!

しかし・・・
凛ものんも数週間で体重が350g増えてました。
決して太りすぎではないけれど、将来心臓のことを考えると今ぐらいがベストかなと。
今の量を与え続けてドンドン太っていってもいけないので、
少しフードを減らしてみますご飯


心臓チェック。

今日は凛の2ヶ月に1回の心臓チェックに行ってきました
夕方に行ったんだけど、院長先生の診察の順番待ちは3人!
なんてラッキーなんだぁ
のんはお手入れだけなので、お先に処置室へ
先日パット切りと爪切りをしたので、耳掃除と肛門腺だけなんですが・・・
耳はきれいでした...と。
肛門腺はスゴイ量だったらしく、こまめに出さないと破裂しかねないみたいです
のんが戻ってきてしばらく待っていると、ブラタンのキャバちゃん(セリカちゃんって言ってたかな)が
なかなかブラタンの子って見かけないんですよね。
凛はキャバが大好きだから、尻尾をブルンブルン振って接近接近大接近
なぜキャバにはこんなに友好的なの?
なぜキャバだということがわかるんだい?
色?ニオイ??周波数???(そんなもんワンコから出てるのか?)なにかが他の犬種とは違うのかなぁ
ご挨拶をしてると名前を呼ばれました。
おおー今日は早い!
今日はエコーと心機能のチェックをしていただきました。
弁にはなんらかの奇形があるみたいだけど、ほんの少しの逆流があるだけで、今のところは気にすることはないようです。
お薬も必要なしとのことです。
この程度なら、今後は3~4ヶ月に1度のエコー検査でいいかもってことでした。
よかった
心機能の検査も難しい用語が出てきたんだけど、全く正常値で問題ないとのことだったので、今日は詳しくは質問しませんでした。
ただ・・・体重が2ヶ月の間に400gも増えてました
フードの量を調整しないと
のんは相変わらずチビで、5.2kgでした。
やっぱり太らない体質なのかなぁ。。。
なんともまぁ羨ましいことで

院長先生がオッパッピーの小島よしおに見えて仕方がない
前にかかっていた病院の先生は三谷幸喜にソックリ。
私の周りのソックリさんを集合させると、きっとスゴイ数になると思うよ


肛門腺絞り後。。。
20071024212304.jpg

ちゃんと肛門付いてましゅか?  by 凛・のん

病院です。

一夜が明け、かかりつけの病院にきています。
血液検査の結果待ちです。
今は落ち着いています。
ハッキリとした原因がわかればいいんだけど。


結果は・・・
一般の血液検査、電解質、炎症性反応、甲状腺ホルモンなどの検査もしていただきましたが、すべて正常範囲内でした。
なので、今後はどんな間隔で程度はどのくらいかを経過観察していくことになります。
経過次第でCTやMRIなどの検査をしていきましょうということです。
いつどこでどのような痙攣を起こすか全く想像がつかないので、今はただただ不安です。
チャコやマックンもてんかん持ちだったので、その因果関係もとても気になります。
凛で3頭目なんて、たまたまにしてはありえないです。
我が家に来た子すべててんかんになったらかわいそすぎる・・・

てんかん。

凜の異変に気付いたのは、実家で晩御飯を食べ終えて凜とのんを工場に迎えに行った時でした。
私は家で帰る用意をしていたんですが、「凜がおかしい」ってとーちゃんが叫んで走ってきました。
急いで工場に行くと、産まれたての子鹿のように立てずにハァハァと呼吸を荒くした凜が…。
ひきつけているようでした。
かかりつけの病院は運が悪いことに今日は夜間診療がおやすみでした。
電話しても誰も出なかったけど、このままジッとしていられないので、とりあえず行ってみました。
誰もいない様子なので、ぷくさんに調べてもらった夜間診療してる病院に電話したところ、落ち着いてるのなら家に帰って様子をみてくださいとの事。
呼吸も落ち着いてきたことだし、一旦家に帰ることにしました。
家に着いて車からおりようと抱っこの体勢を変えると、ヒャイーンと痛がった鳴き方をしてまた呼吸が荒くなりました。
そのまま夜間救急病院へ。30分ほどで到着。
車の中では落ち着いていたけど、問診票を記入してる間にまた手足が硬直していましたが、ちょうど先生に症状をみていただきました。
すぐに診察室に入り経緯を説明しました。
先生はてんかんじゃないかと。
チャコ・マックンに続き、凜までてんかんだなんて…。
坑てんかん薬と鎮静剤を注射してもらいました。
何も起こらない事を祈りながら家に帰りました。
しばらくボーッとしていて、体勢を変えようと思い抱き上げたらまたヒャイーンと鳴きました。
荒い息遣いで落ち着かないみたいで、ハウスから大好きな布団を出してきてあげたら、自分から立ち上がってフラフラ壁にぶつかりながら歩いて床にベタっと寝てしまいました。
その後は少しずつ落ち着いてきて目をつむって眠っていました。
早朝4時過ぎ、突然荒い息遣いになり様子をみにいくと、いきなり飛びついてヨタヨタして倒れ込んでまた硬直してました。
5時半ごろから注射が効いてきたのか、顔つきも楽そうになって寝だしました。
その後、自分から起き上がってオシッコをしていました。
いつものフードをあげてみました。
ペロっと完食し、お散歩もいつもほど元気はないものの、しっかり歩いて行けました。

【病院です。に続く】

病院に行きました。

凜のカイカイのお薬がなくなったので病院に行きました。
凜は相変わらずあっちに行って尻尾フリフリ、こっちでも尻尾フリフリU^ェ^U
なので、写真は撮れませんでした(^_^;)
症状はひどくないので、もうしばらく坑アレルギー剤を投薬します。

今日は院長先生に超音波について色々お話をしていただきました。
こちらの病院には、奈良県下にはあまりないような超音波診断装置が置いてあります。
院長先生は大学では超音波診断を熱心に勉強されていたようです。

内容の濃いお話をたくさんしていただき、爪切りとパッド切り、耳チェックまでしていただきました~♪

凛の検査結果。

凛が多飲多尿気味だったので、オシッコを採取して病院に行ってきました。
尿検査の結果は全く問題なし。
尿検査では、膀胱炎・糖尿などの病気はわかるけど、他にも腎臓や副腎など多飲多尿の原因につながるものがあるかもしれないから、一緒に血液検査もしていただきました。
血液検査も異常なし。
原因となるものは除外されたので、現時点ではおそらく精神的なものだろうと言う事でした。
それはよかったんですが・・・
腎臓のエコーをとってもらってたときに少し動悸がしてたようで、一緒に心臓のエコーもとっていただいたのですが、右心房から右心室(逆だったかな?)に血液が流れるときに、ごく少量だけど逆流してるようです。
左は多いらしいのですが、右側は珍しいとか。
獣医学や機器が近年どんどん発達してきて、ちょっとしたことでも早期にわかるようになってきたようですね。
この間、聴診器で心臓の音を聴いていただいたときは特に異常もなかったのですが、カラーのエコーではわかるんですね。
私も録画されてる凛の心臓の動きを見せていただいたのですが、逆流している血液は青色になってて、素人目から見てもわかりました。
今の段階では2ヶ月に一度ぐらいの検診で様子を見ましょうということで、特に投薬を開始するとか生活上には制限はありません。
しかしながら、やはり気になるのでストップをかけてしまいそうですね。

病院で本日抜糸のノアくんに会って、私たちが最後だったから院長先生とたくさんお話をすることができました。
キャバリアはほぼ100%の確率で心臓病が出るので、飼い主さんも覚悟しておいてくださいねと言う事でした。
色々興味深いお話も聞けて、とても勉強になりました。

凛ちゃん、一緒に頑張ろうね!

DVC00025.jpg

このブログに関係のないと思われるコメントは、許可なく削除させていただきますのでご了承ください。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

カレンダー(月別件数付き)
プロフィール

ちゃま

Author:ちゃま
*マックン(左) 1996.6.16生 男の子
   2007.6.21 11歳で虹の橋へ。

*凛(右) 2004.7.30生 女の子

*のん(中) 2006.6.7生 女の子 

いくつになったの
script*KT*
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。