スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャバリア専門犬舎 里親募集の件。

昨日のブログでも取り上げましたが、私に出来ることはないかと考えているところです。
出来ることなら1頭でも引き取ってあげたいのですが・・・
しかし! 大切な命を預かるわけで、凛とのんも居ることだし簡単には決められないです。

お忙しいのはわかっていましたが、レスキューされている『ペット里親会』の代表者様にお電話でお話を伺いました。
ここのブリーダーさん宅では、ケージが所狭しと何段にも重ねられあったそうです。
その数約100頭!
若い子の殆どは繁殖業者に引き取られたようですが(そこでも何度も何度も子供を産まされ、お金儲けの道具にされるのでしょうか?)、だいたい5歳以上の子が50頭ほど残ってしまっていたようです。
この事実が世に知れ渡り、毎日かなりの問い合わせがあるようです。
引き取り希望は女の子が多く、男の子がたくさん残っているらしいです。
ブリーダーさんということもあり、虐待・栄養失調・酷い皮膚病とか糞尿まみれとかはないようですが...
食事は与えてもらってたようなので、やせ細った子はいないみたいです。
ただ、狭いケージに閉じ込められていて運動不足のせいなのか、全体的に太り気味なようです。
あとは耳の手入れもあまりされていないみたいで、みな真っ黒だそうです。
治療が必要なレベルだと思います。
眼球に傷を負った子も結構いるらしいです。
多分、ケージから出してほしくて目を押し当てていたのではないかと言う事でした。
手でカリカリして負傷してる子も...

『ペット里親会』では埼玉近県の方しか里親になれないみたいですが、今回はブリーダーさんも里親を募集しているので、引き取りに行くのが可能であれば、埼玉近県じゃなくてもいいようです。
ブリーダーさんに相談してくださいとのことでした。


チャコ、マックン、凛、のんに出会えたのはもちろんブリーダーさんのお陰です。
この運命の出会いにはとても感謝しています。
あの時、縁がなかったら今頃はどうなっていたのかと思うと・・・
キャバに限らず、これ以上不幸な子が増えないでほしい。

『ペット里親会』のブログ『ペット里親会通信』も覗いてみてください。
そこには信じられない現状が・・・

このブログに関係のないと思われるコメントは、許可なく削除させていただきますのでご了承ください。

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ

カレンダー(月別件数付き)
プロフィール

ちゃま

Author:ちゃま
*マックン(左) 1996.6.16生 男の子
   2007.6.21 11歳で虹の橋へ。

*凛(右) 2004.7.30生 女の子

*のん(中) 2006.6.7生 女の子 

いくつになったの
script*KT*
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。